易占い4 山水蒙(さんすいもう)

未分類
Pocket

snw00山水蒙21-013

易占い4 山水蒙(さんすいもう)

青年のおろかさ

蒙とは、家の上に草が生えて、家の中は暗い。
薄暗い家の中で養われている幼子。

小さな子供は無知であり、教えないとわからない。
貪欲に物事を吸収しようとする。

水:坎・剣難
山:艮・止める・留まる

山の中や麓に水があり・霧がかかっている。

雲が山を覆っている、山に霧が立ち込め周囲の風景がかすんで前がはっきり見えず、先に進めない。
つる草が生い茂って先が見えにくい、
曖昧な状況で、努力だけではだめ、知恵が必要。

良き指導者をさがして、教えを請い
周囲に協力してもらいましょう。

今は、先の見通しが立たないが、いずれ、希望がある。

・霧が晴れるまで待つ。
・道案内をしてくれる指導者を探す。
・自分自身が前向きに勉強しながら、前に進む、幼稚なままではダメ。

未開発の状態。
目標が建てられていない。
自分の未熟さを自覚して、謙虚に土禄し精神誠意の気持ちで当たれば」願いは叶う。
精神性を重要視して、価値を学ぶ。
はっきりしない状態・多い隠されている。
流れの方向を見失う。
まだ時期ではないのであせらないこと。

成熟するには学ぶことが必要ですが、学んだことが不安や心配、恐怖心を増加させたり、他人を不幸にすることになってはいけない。

人間が成熟するということは、知識よりも、知恵の働きを高めることなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました