占いで良いことを言われたことがない。
結婚運が悪いと言われたし、出会いが実際、無い。

何かと自分の思うようにいかない。
悪いことが続いて落ち込んでいるが、良い時があるんだろうか?

そんなあなたへ、占いの上手な使い方教えます。

スポンサーリンク

何人かの占い師に見てもらって
それぞれが同じように悪いことしか言わない。

なんてことが続いたら、思い込んで
落ち混んでしまいますよね。

ここからですが、

占いは、
「人生の羅針盤」
と言われ、しあわせになるために活用するものです。

なので、悪い運勢の時にこそ
どうすればよくなるかを考え
鑑定させて頂いています。

人は、悪い運勢だけを生きるわけがありません。

誰にでも、良い時期もあれば悪い時期もきます。

私も、精神的にも、肉体的にも、金銭的にも
どん底を経験ました。

人生は、季節のように変わります。
人相や手相だって変わります!

今、最悪の状態でもがき苦しんでいて、

「人生は変わるものなんだ」

ということが考えられないというあなた
自分を信じてください。

占いの種類

占いには、
「命(めい)卜(ぼく)相(そう)の
3種類に分けられます。

簡単に説明させていただきますと

命(めい)=生年月日(占いによっては生まれた時間)を使って判断する占い

(例)四柱推命や西洋占星術など

卜(ぼく)=偶然性を利用する占い

(例)タロットや易占など

相(そう)=姿や形などで判断する占い

(例)人相・手相・家相・風水など

命占い

この3種類の中で絶対に変わらないのは生年月日で判断する「命」になります。

「命」は、主にその人の性格や適正、うまれ持った能力や人生のバイオリズムなどをみる時に使います。

生まれた生年月日を変えることはできませんが、生年月日で運勢の吉凶を断定することはできません。

その人の生き方考え方、性格によって、人生に大きな影響を及ぼしますし、人生に差がでます。

恋愛運や結婚運が弱いなという人でも
出会った人で、しあわせに暮らしている人がたくさんいます。

スポンサーリンク

長い人生の運勢のバイオリズムも、若いうちに吉運が巡る人、中年以降にめぐる人とさまざまです。
今、運が悪いのはなぜ?は、命の占い鑑定で、原因を見つけることになります。

「卜」の占いは、

大好きな彼と結婚できるのか?
大学受験は合格するか?
など、具体的なことや、何かを決断するときなどに使う事が多いです。

でも、タロットや易占いで、悪い結果がでたとしても、それは今現在の結果として諦めてしまわずに、原因を探して取り除くことができれば、叶う可能性はあるわけで、どうすれば解決できるかを読み取ることができます。

3番目は「相」

目に見える姿・形、人相や手相など、目に見えるもので占いますから、自分の意思で変えることができます。

もし、今現在の人相や手相が悪いなら、良い人相や手相に直していけばいいのです。

それに、人相や手相は、これまでの生き方や考え方が表れているものですから、
生き方や考え方を変えることによって、変化していくはずです。

特に、女性にはお化粧という強い武器があります^^。
その気になれば、30分もあれば、良い人相に早変わりできます。

あとは、そのお化粧に合わせた、性格や生き方を続けることができれば、吉運を呼び寄せることができます。

姓名判断

で名前が悪いとなった場合、

名前の文字を変えたり、まるっきり別の名前に変えるという方法もありますが、その名前の個性や特質をよく理解できれば、悪いところばかりでは、ないはずです。
足りないところ、悪いと言われるところは、家相や人相、九星気学の吉方位を使うなどで補うことができます。

占い・占い師との付き合い方

命で、人生全体のバイオリズムを知り、人相や手相を良い相に変える努力をして、良い家相の家に住んで、吉方位を使って過ごす、これが占いをじょうずに使う理想の姿です^^。

占いで悪いことばかり言われたとしても

「わたしの人生真っ暗闇」

なんて、落ち込まないでくださいね。

今の時期が最悪の状況なんだな。
ここをのりきれれば、明るい時期が来る
と、前向きに考えましょう。

いつまでが悪くて、いつから良くなるのか、早く良い運気に変える方法は?と
占い師を、質問攻めにして、占いに振り回されないでくださいね。

スポンサーリンク