四柱推命の見方!傷官の五行による特徴

四柱推命の通変星の一つに「傷官」があります。
官を傷つけると書いて、傷官。

官とは、正官のことを言い、一般的には仕事ですが。女性にとっては夫や結婚とみます。

傷官は、官を傷める・破るという意味があり、男性の命式にこの「傷官」があったり、大運や年運に巡ったときは、、仕事を辞めたくなるなど、トラブルをおこすなど、仕事に支障をきたしやすくなると言われます。

また、女性にとっては、官の男性を傷つける・夫の運に傷がつくとか、結婚生活に支障が出やすい時期と考えます。

「傷官」は、個性が強いと言われ、特に女性に傷官があると、結婚運が悪いとされ嫌われることが多いです。
しかし、傷官も使い方によってはそう怖がる斧ではないと思っています。

今回は、五行関係でみる「傷官」について。

スポンサーリンク

五行による傷官の関係

甲が日干のとき

甲=木 ・丁=火となり、木生火の傷官になります。

       
異性の気(五行)の相生関係。

甲=陽の木   
丁=陰の火

傷官の性格

性格は、「食神」がおおらかと表現されるのに比べ、繊細で傷つきやすく細かいところにも気がつきすぎるなど、気を使いすぎる傾向があって、神経質です。

長所は、非常に頭の回転が速く、鋭い勘や閃きの才能を持ち、豊かな表現力で、芸能界など得意な分野で成功をする人がいます。

短所は、「傷官」は、不平不満の星ともいわれ、プライドが高く協調性がすくないために、自分から孤立したり、トラブルを起こしやすい傾向があります。

五行による傷官の特徴

木火傷官(もくか しょうかん)

  
日干す木(甲・乙・比肩)
甲・乙から、丙・丁火が傷官。

木火傷官は、正官(庚・辛)があることを喜びます。

木生火の命式ですから、木を金で適当な大きさに切った方が、火が燃えやすくなると考えます。

日干…甲・乙(丁・丙が傷官)⇒官星が強いほうが良い。
   
生日の木気が火気(傷官)を生じて、金気(官星)を鍛錬する。
そして、世の中の役にたつ商品(刃物など)を作る。

良く切れる刃物は、伸び放題の木の手入れをして、観賞に堪える庭木や、一級品の材木をつくります。

木火傷官は、木・火・金気のバランスが良い場合は吉運となり、財や名誉を得て成功します。
しかし、甲木のエネルギーに比べて、火と金が強すぎるときは、凶運の傾向になります。

木火傷官の性格

 
「木火通明」と言われ、鋭いの持ち主で、切れ者と表現される人です。

また、豊かな表現力の才能を持ち、人気運おありますが、少し感情の起伏が激しい時は、継続性に欠けるところがあるかもしれません。

火土傷官

日干が丙にとって、己土が傷官。

日干が丁にとって、戊土が傷官。

日干が丁火による、「火炎土燥」の時は、水を使うことはかえって災いを招くことになるかもしれません。

「燥の土を潤すとも末だ美となさず」
と言われ、日干丁火が燃えてできる土とは、「灰」なのです。

灰は、作物を育てる畑の土とはなりません。
また、硬く重い石になることもありません。

潤いのある土壌として使うことはできないのです。

傷官は、四柱に一つだけあること。
そして、エネルギーが弱いのが、理想です。

戊土の傷官が多いときば、金の財星に洩らす・または水の官星を剋す・木の印星から剋されることによって、バランスをとることができます。

特に、甲・乙の印星があって強い時は、戊己の傷官を尅して、吉に働きます。

丙火が強く、真夏の陽ざしが強烈なかんかん照りのお天気の時は、水不足となり、己土の田や畑は乾燥して、植物がしおれてしまいます。

己土がひび割れて作物が育たないこの風景を、「火土夾雑(かどそうざつ)」と表現します。

こんな時は、物事が順調に運ばず余計なことに気を使うことが多く、イライラして短気な性格がでやすく、乱暴な行動になりやすい傾向があります。

慈雨が降ることをひたすら願って、時期を待つしかありません。

土金傷官

日干が戊(つちのえ)土にとって 辛(かのと)が傷官 

己(つちのと)土にとって 庚(かのえ)が傷官

土金の傷官は、命式の中にある甲・乙の「正官が去る」とき、歓びとなると書かれています。
(戊辛甲、己庚甲)

日干が戊・己から、傷官は庚・辛の金気。

金は五行の中で一番硬い物質の金属であり、刃物。

また、甲・乙木の正官に出会うと、金気にとっては植物がイメージとなり、切りたい、切って自分の思うような姿にしたいと思うのです。

硬く強い金属と、柔かく弱い植物との関係では、硬い金属・刃物に柔らかい茎や幹となる植物は勝てません。

金は木の枝葉を切り取って、高級な建築材を造るのが理想ですが、切りすぎると使い物になりません。

スポンサーリンク

庭の植木のハサミでの剪定も枝や葉の切り方を間違えると、木は育ちませんし、間違って根こそぎ切ってしまうこともあります。

バランスが悪かったら不恰好で、鑑賞に堪えることができませんし、木は枯れてしまうかもしれません。

戊・己の日干の場合の庚・辛金の「傷官」は、弱いことを喜びます。

金の傷官が強すぎる時は、甲・乙木の官星が命式に無いほうが、波乱の少ない人生を送るとされます。
これを、「官去って吉」と表現します。

土金傷官の人は、「土金育秀」と言われ、人を育てるのが上手です。

また、忍耐・努力を惜しみませんが、人を頼ることが苦手・下手な傾向があります。。

金水傷官

日干が庚(かのえ)金から癸が傷官
日干が辛(かのと)金から壬が傷官。

「金水傷官、正官をこばまず」
金水傷官の命式は、正官を見ることを喜びます。

金水傷官、冬令に於て生ず。
金寒水冷。調候なす急。
正官 を見ざれば可ならず。

庚・辛の金気は、硬く強いのが特徴です。

壬・癸水の傷官の尅により、良器をなす。
しかし、火が強過ぎたり、水が弱すぎるときは、行動が十なわず、実力を発揮できません。

庚・辛金からみた、壬・癸の傷官は丙火と丁火を必ず必要とします。

11月、12月生まれの誕生日は冬の寒い季節の風景ですから、暖かい丙の太陽や丁火を欲します。
(丙庚癸、丁辛癸)

「金水清白」と表現され、感が鋭く、頭脳明晰、理性的な智力に優れていると言われます。

反面、細かいことにこだわり、人の欠点を見過ごすことができないとか、許せないなど、融通の利かない傾向もあります。

丙・丁の働きが悪い時は、頭が良すぎて策に溺れるとか、悪知恵をはたらかすような傾向があり、せっかくの才能を活かすことができません。

水木傷官

日干が壬(みずのえ)から乙(きのと)が傷官
日干が癸(みずのと)から甲(きのえ)が傷官

水木の「傷官」は、丙・丁の財星と、戊・己の官星が揃っていること、強いことを喜ぶとされます。
(丙壬乙戊、丙癸乙己)

水気は、清く冷たい・流れて動・器によって形を変える特徴があります。
冷たい水を温める丙・丁火の財星と、水の流れをっコントロールする堤防の戊や器となる己(つちのと)土の官星、を欲します。

財・官が多過ぎるときは、財殺に従う場合もありますが、月支に根があって日干が旺じて強いのが理想です。
しかし、日干の十二運が死・絶となる場合は、エネルギーが更に弱くなって「逃気背禄」の傾向があります。

「水木清奇」と表現されます。
これは、普段は冷静な判断力を持ち、どんなことでもソツなくこなす能力の持ち主で、常識を大事にして情に厚い性格です。

しかし、時によっては情に流されやすい、情にもろいようなところがあります。

傷官傷尽

(しょうかん やぶれつくす)

傷官は、命式の中に正官を見るとき、傷官は正官を傷つけることになりやすいと考えます。

特に「火土傷官」は、傷官傷尽がよいとされています。

火土傷官は、
丙から己が傷官、そして癸が正官。

丁から戊が傷官となり、壬が正官。

丙己癸、丁戊壬の関係を傷官見官と表現されます。

丙己癸、丁戊壬のような関係にはならない命式を「傷官傷尽」といい、正官が痛まないことを指しているようです。

傷官傷尽が奇と為す

奇とはめずらしいという意味があり、特殊な才能を持つ人のことを表現しています。

そして、「貴」は社会と共存していくのが常です。
しかし、「奇」は一般的ではないもの、特殊なもの、その人のみが表現できるオリジナルなものと考えます。

 
また、「傷官不可例言凶」と書かれているのは、
傷官を例えて凶と言ってはいけない。

傷官だけをとらえて、傷官があるからといって凶命だと、決めつけてはならないと述べています。

命式にある「傷官」の働きは、他の干支の組み合わせによって変化します。

心機を用いよと『百章歌』の作者が述べていますが、これは、知恵を働かせなさいと解釈します。

「傷官」が命式の中にあると、単純に「凶」と言うような判断をするのは愚かなこと、と教えています。

初期の泰山流をはじめ日本の四柱推命は、「傷官」の象徴だけで判断する傾向があり、命式全体における「傷官」の関係、天干や地支との関系を無視した見方が多かったと思います。

しかし、「傷官」も命式によっていろいろな関係が想像でき、使い方によっては吉にも恭にも働きます。

また、壬辰がある命式も良いとか。

秋冬の生まれは、秀気(優秀)が多い。
土用の生まれは、財が豊かである。
(これは、イチロー選手の命式が例とされ、イチロー選手の命式は従児格とみます。)

「傷官格」と見、「傷官傷尽」の命式と見ることができます。

壬辛壬癸 
辰卯戌丑  

      

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました