四柱推命の見方!転職それとも現状維持?乙丑日・1968年2月25日男

嵐山占い処・泰 璃佳です。
今日は、転職希望の1968年2月25日生まれの男性の鑑定例を紹介します。

1968年2月25日11時30分の命式

 男性 2013-08-29
  時 日 月 年
  壬 乙 甲 戊
  午 丑 寅 申

1968年2月25日11時30分の大運

  13 23 33 43 53 63
  乙 丙 丁 戊 己 庚
  卯 辰 巳 午 未 申

1968年2月25日11時30分の風景

乙丑(きのとうし)の日生まれ。

2月、春とはいっても、まだまだ寒い季節のお花畑や植物園のお花がイメージです。

乙・甲・寅木の植物が、戊・丑土の大地にしっかりと根を張って、安定した風景です。

戊の山間から、午火の朝陽が昇ろうとしています。

壬水の川が流れて、日本の美しい風景です。

乙のお花の隣には、甲の樹木が寅にしっかり根を張って、か弱い乙のツル系植物を支えています。

この誕生日は、上司や社会で出会った人たちから、援助してもらえる、かわいがってもらえる「徳」をもっているようです。

1968年2月25日11時30分の風景

大運の季節は春、夏、秋、と自然にめぐりますから、仕事運も悪くないように思います。

今日のご相談は、事情があって転職したほうがいいか現状維持がいいのか、迷っているとのことでした。

大運は、44歳の去年から、己未・夏運です。

己未は夏の乾燥した土になります。

乙のお花にとって、肥えた土なら、新しい土地に根を広げて活躍できると想像します。

乙木に己は財星となり、人脈が広がる。

ラベンダー畑やコスモス畑のように群生して、自分の存在感をアピールできる、「チャンス」と想像したいのですが、丑の湿土が乾燥した未に水分を奪われてしまいます。

7月の夏の季節の土は乾いて潤いがなく、ひび割れてきそうな感じ?

これでは新しい種をまいても芽は出そうもありませんし、植え替えたら枯れてしまいそうです。

時間に壬水が一個あるだけです。

寅午戌の火局半会がありますし、癸戊干合して火を強めます。

巳火の今年は、土の乾燥がはなはだしいのです。

乙木が頼りにしている、甲木・樹木も甲己干合するので、頼りになりません。

巳・寅・申の四孟が3個ならぶのはじっとしていられない慶応があり、刑や沖や合と何やらあわただしく揺れ動いて落ち着きません。

来年も、甲午と、木は午火でますます乾燥して元気がありません。

乙のツル系植物は、あせって違う土、土地に移しかえても根を張るには大変な苦労がありそうです。

頼りになりそうな、甲樹木(他の会社や人)と縁があるかもしれませんが、午火で乾燥している樹木なので、ちょっとした圧力でぽきっと折れてしまうかもしれません。

結論・まとめ

変化を求めても乙のお花、ツル系植物は、どこへ行っても苦労を経験しなければいけない時期のようです。

長年、経験を積んで、コツがわかっている現在の環境で、この暑すぎる過酷な季節を乗り切ったほうが無難と思います。

水、ミネラルウォーターや、湿った土がラッキーアイテムになります。
友人知人、家族に亥・子・辰・丑年生まれの人がいたら一緒にお食事して、エネルギーをいただきましょう^^。

お問い合わせ

 

Contact
TEL 090-1243-3246
mail :kyo87@kyoto.zaq.ne.jp 

お気軽にお問い合わせ下さい。
  

コメント

タイトルとURLをコピーしました