四柱推命 五行、木火土金水と、十干の通変星、比肩劫財と食神傷官の関係です。
食神は吉、傷官は凶と学んできた人にとっては、?になるでしょうが、風景を考えた時に、納得していただけるかと思います。
考え方を改める、きっかけになればとおもいます。

スポンサーリンク

丙と己・傷官

地平線に昇る朝陽、太陽の風景、大地は暖かいです。
己は徳分を持ち、親切で面倒見が良く、施しができる人。
人を許る広い度量の人。
己は田舎の風景、垢抜けしない雰囲気を持つ。

丁と戊・傷官

山の上ののろし。
火土傷官・おごりがあって、口の悪さが残る。
実力以上に見せようとする。
火の無いところに煙、疑いをかけられないように注意。

丁と己・食神

収穫が終わった畑の野火だったり、囲炉裏の火だったり、のどかな雰囲気です。

戊と庚・食神

山の中に埋もれる鉄などの金属。
戊は頑固だけれど、感じやすく、感性はするどい。
甲木が来て、土を刺激すると、開花する。

戊と辛

山の中に眠るゴールドや宝石。
鍾乳洞のような風景、外から見えないところに魅力的なものを持っている。
発掘・考古学など。

己と庚

道路を走る自動車、ドライブ。
庚はカルシュウム、筋肉、太る体質の己は筋肉をつくりましょう。

スポンサーリンク

己と辛

ゴールドや宝石にドロが付いて輝きが失せています。
頑固・融通がきかない、信念があるが受け入れがたい。
経験から積み上げていくしかありません。
巳酉丑三合金局・月支に酉があると己は空洞、内臓疾患注意。

庚・と壬・食神

消防自動車が力強くポンプで川から、水を組み上げる風景。
湖や海を航海する船、広い世間に挑戦する?

辛と癸・食神

錆び付く関係、ハサミや刃物を長く水につけておくと錆びてしまいます。
乙のお花を持ってくると、バランスがとれます。
偏財の社交性、人との出会いが開運になります。

辛と壬・傷官

辛の宝石の原石は、山の中から川の水の流れの中で、磨きをかけ、光り輝くのです。
いかされている、良い関係

壬と甲・食神

建築材は川や池の水に浮かべてひび割れを防ぎ、長持ちさせる。

壬と乙・傷官

海の中のワカメ。
水の奔放さ、傷官のおしゃべり、愚痴っぽい。
努力しないとできないことを悪く言う。
的を得ていない、的を得た経験や努力ができるようにしないといけない。

癸と甲・傷官

傷官財を得る、通変星が天干にあると自分より上の人間関係からチャンスをもらう。
時間に酉があると水生金、湧水に応援してもらえる。

スポンサーリンク

癸と乙・食神

水生木・井戸水は乙の植物にとってちょうど良い潤いとなる。