六十干支2番 乙丑 (きのと・うし)の性格と運勢

乙丑 (きのと・うし)の性格

人当たりは柔らかくおっとりしているように見えますが、内気で引っ込み思案な傾向が強く、社交性はあまりありませんが、細かいところまでよく気が付き、気配りができる人です。

amur-adonis-284531__180

それでいて、人を観察するのがすきで批判したい気持ちを内に秘めていますから、口うるさく、理屈っぽいところが欠点です。

基本的には純情で楽天的な性格ですが、気が短いところと、人の好き嫌いが激しいので他人の過ちが許せなくて葛藤の元になり、取越し苦労となることもあります。

乙丑 の仕事運

学者や技術者など、専門的な知識や技術、才能で成功している人が多い干支です。

仕事には、地道に堅実に粘り強い努力型、真面目で頑固にマイペースを崩さず、歩むタイプです。

スポンサーリンク

比較的平均的な人生を歩むことが多く、どちらかというと大器晩成型で、晩年に財運があります。

人一倍探究心が強く、自分のおかれた立場をわかって全力投球する仕事が大好きな人で、スポットライトが当たらない裏方や、縁の下の力持ちのような目立たない仕事でも、努力を惜しみません。

深く考えて行動する慎重な性格は、トップに立つよりも参謀としての実力を発揮するようです。

ただし、ソフトな言葉のわりには言うことは的を得ているので、煙たがられる存在にもなります。

乙丑の金銭運

質素な生活を厭わず、働くことが大好きなので、物質・金銭運は悪くありません。
命式のバランスが悪いと、偏屈な性格になります。

乙丑の結婚運

女性は、自分は家庭的なことを好みますから縁の下の力持ちとして、前向きな考えを持つリーダーシップ型の男性を好みます。
ただし、不満を内に押し込めてしまいがちな苦労性な正確ですから、我慢が過ぎると結婚に苦情がでやすいので、適度に吐き出す訓練が必要です。

スポンサーリンク