仕事運の鑑定例 1981年8月14日 午前7時 女性 

甲子鑑定例

1981年8月14日生まれの性格

甲子(きのえね)の甲木は、樹木がイメージ。
甲木の根は辰土の中にあるのですが、小さい根ですから、見た感じは落ち着いてみえますが、内面は気弱な性格の傾向です。

辛・申・酉・金のハサミが3個あって、植木屋さんが三人もいて常に手入れをしている状態が想像され、少し枝葉が伸びてくると、チョキチョキ切ってしまう、切られてしまうイメージは、神経質で物事を完璧に行いたい人。

もっと大きく伸びてから、全体のバランスを考えて伐ったらいいのに、伸びる間がないくらいにハサミが入るので常に緊張しているかんじ。

良く気がついて仕事ができる人ですが疲れやすく、いつもこれでいいのか?と満足できず、自分で精神的に追い込んで、落ち込んでいく傾向があります。

1981年8月14日の女性の仕事運

1981年8月14日生まれの人の場合、いろんな経験を積んで自信をつけながら、すこしくらい、大ざっぱな性格になれたら良く伸びるんですけどね^^。
どちらかというと、細かい気配りをする秘書的な仕事や、手先の仕事が得意なのでは?とおもいます。

月干の丙火は辛と干合して水の干合。

外格かな?と思ったりもしますが、甲として見ていきたいと思います。

仕事運は?大運は己亥の冬運、申子辰の三合水局もあり、なかなか自分の思い通りに成長できる時期ではないようです。

スポンサーリンク

特に去年、2012年は壬辰、水の勢いが強くでる時期で、12月は壬子とまた、大水、大雪で、甲木は冷たく凍えた土の中でじっと耐えるしかなかったようです。神経が疲れる、落ち込む事が多かったのではないでしょうか?

1月も癸丑と土はまだ冷たく、雪解けが待ち遠しい風景ですが、戊癸の火の干合が囲炉裏の暖かい火となって12月ほどの強烈な猛吹雪ではないので、家の中にいれば大丈夫。

2月3日の節分を過ぎれば、いよいよ春の兆しが見えて、甲寅、乙卯、丙辰、丁巳とだんだんに暖かくなっていきます。
年運も、癸巳、5月の暖かい陽気にあふれた季節です。

冷たい氷雨に、震えていた甲木は月干の丙が巳火のエネルギーと合体した、暖かい5月の太陽の陽射しを浴びて、新芽をだし、大きく枝葉を広げる一年になることと思います。

どちらかといえば、従格のような感じもありますから、自我を出し過ぎると苦労することになりやすいので、言われたことを素直に実行して、実力をつけて少しずつ認められて行くほうが良いタイプと思います。

自営業など、自立独立型ではなく、安定した企業で実力を発揮していくほうが、苦労がすくないでしょう。

に、しても、2013年の癸巳・2016年の甲午は、北海道の花畑が初夏になって一気に花のじゅうたんを繰り広げるような感じだと思います。

庚寅、辛卯と甲木は寅や卯の木の根っこが徐々に戊辰土に根を張って少しずつ成長してきているはずです。
2013年の癸巳の年は、暖かい太陽の陽射しを浴びてよく肥えた土から栄養をたっぷりもらって、大きく成長してくださいね。

1981年8月14日のラッキーアイテム

朝陽と甲樹木がラッキーアイテムとなり、朝の陽射しをたっぷり浴びて、森林浴をして笑顔で頑張ってくださいね。

瑞々しい新緑の葉っぱが目にまぶしい木はとっても魅力的ですよね。素敵な出会いも期待できると思います。

暖かい、お天気の良い日は、樹木の多い公園や、植物園などに出かけてみましょう。自然がいっぱいの観光地も良い気、エネルギーアップになりそうです。行動範囲を広げてみましょう。

お問い合わせ Contact

TEL 090-1243-3246
mail kyo87@kyoto.zaq.ne.jp お気軽にお問い合わせ下さい。

スポンサーリンク