四柱推命占い 自分が戊土・山土の人からみた他の十干の関係と相性です。
十干とは、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸のことです。

スポンサーリンク

山土の人から他の十干に対して・・・

甲木・樹木の人との関係と相性

山に樹木が無いと、裸の山で殺風景です。
甲木の樹木が山に植えられて成長して、世間から注目を浴びる、山土は甲木から刺激を受けることによって成長、変化する関係です。
togetsukyo雨u9

戊山は、真面目で努力家ですが、頑固で融通が効かないので世渡りが下手、社交性にかけるところが欠点。
甲樹木が、山土に根を下ろすことができれば、遠くの人にも自分の存在を見てもらえます。

戊・山土の良さを、周囲にわかってもらうためには・・・と助言してくれるのが、甲・樹木さん。

でも、自分のやり方にこだわりを持つあなたは、素直に聞き入れることができなくて、腹を立ててしまうなど、誤解しがちな関係です。

お互いに価値観が違うことを認めあうことができ、尊重できれば、戊山土にとって、自分をより向上させてくれる魅力的な相性の人になります。

乙・草花の人との関係と相性

乙のお花は、茎や根が柔らかくて、硬い山土に根を下ろすのが大変ですから、あなたのことが苦手な傾向になります。
戊土の頑固さを引っ込めて、乙のお花に細かい気配りができるかどうかが課題。

人と仲良くできる点ではお互いに似ていますが、戊土は自己主張が強く、乙お花は、咲いているだけで周囲にかわいがってもらえる受身の傾向があります。
乙・お花さんは、社交的に見えても、けっこうシャイなところがあって、馴染むまで時間がかかるかもしれません。

戊土は、柔らかく相手に合わせることができるか、理解しようという気持ちが大事です。

丙・太陽の人との関係と相性

丙の太陽さんは、あなたを魅力的に育ててくれる母親のような関係になります。

丙の太陽は、おおらかでおおざっぱ、ざっくばらんなお付き合いで戊土を温めて、自信を持たせてくれます。
戊土のあなたは自然体でありのままの自分をさらけ出してもだいじょうぶ。

しっくりと甘えられる相性です、感謝をわすれなければ、絆は強いものになるでしょう。

丁・焚き火・灯火の人との関係と相性

頑固で不器用、ちょっぴりおっちょこちょいなところがある戊山土と、繊細な神経から、感が鋭く、回転の早い頭のよさでフォローしてくれる関係です。

ただし、丁火さんはとってもヤキモチ焼きなところがあるので、信頼関係は大切に。
裏切ったと勘違いされないように細やかな配慮が必要です。

スポンサーリンク

戊・山土の人との関係と相性

価値観は一緒ですから、自然体で気楽にお付き合いできる関係となります。
気が合い、せいかくもお互いにわかりやすいので、目標に向かって協力していくにはとっても良い相性となります。。

ただし、山土は自分が一番高い山だと、世間に評価されたい気持ちが強いので、どちらが主導権争を握るか、主従関係でぶつかり合いは、避けられないかも。

譲り会えない時は、お互いに頑固で融通がきかないので、手強いライバルとなります。

己・大地の人との関係と相性

高い山土が、広い平野・大地の己土を海からの冷たい風や雨、雪から守る関係。

おおざっぱでこだわらない性格ながら、不器用な戊山土に対して、細やかな配慮で優しく人に溶け込んでいく、
計画をたててきちんと行動したい大地さんとは、お互いの良さを上手に補い合っていける関係になります。

お互いの性格を理解して、役割分担することができれば、とっても良い相性となります。

でも、戊の山土は、威張りんぼうなところがあって、己の大地に対して、
上から目線だったり、自分の思い通りに動かそうとする傾向がでると、己土さんは、重たいと、煙たがられ遠ざかってしまいます。

庚・鉄の人との関係と相性

戊山土の中から生まれるのが庚金・鉄ですから、面倒を見てあげる関係です。

お互いにパワフルで、情熱的なところは一緒のようで、気があいます。

恋愛でも仕事でも、行動力抜群の庚・鉄さんをじっくりと見守り応援して吉。
戊土が、あまりにも庚・鉄を束縛すると、庚・鉄はやる気を削がれて、だめになってしまいます。

いかに、適切な距離をとることができるか、お互いに自立しているかが課題。

辛・宝石の人との関係と相性

戊・山土から辛・宝石は産出されますから、これも母親のように見守る関係です。

戊土のあなたが、辛金のことが気になってしまう、追いかけたくなるようです。

戊土は自分のもっているものを辛金に一方的に与える関係になり、
辛金にとっては、戊土は守ってもらえる一方で、束縛されることにもなり微妙ですが、優しく思いやりをもって付き合えば、大丈夫です。

おしゃれで美的センスに優れた辛・宝石を眺めているだけで幸せとかんがえることができなければ、辛い相性になりそうです。

壬・川・海の人との関係と相性

山土は、高い山として評価されたい、みんなに仰ぎ見られたいという気持ちが強いのですが、壬水の川・海さんは、冷たく合理的、現実的で自由奔放と、価値観が違いすぎて、理解するのに時間がかかりそうです。

戊山土は、川の流れを止めたり、変えてしまう関係ですから、川水を自由に動かしたいという傾向が強くなれば、川水は自由がなくなるのは嫌だ、とそっぽをむきます。

お互いに、求めすぎることなく、じょうずにバランスをとれるかが課題です。

癸・雨の人との関係と相性

戊・癸の干合という、とっても気になり、引き合う関係。

戊山土が、井戸水が泥で汚れないように守る関係だったり、雨水を溜める水龜の関係だったり。
癸水は、乾いた山土に潤いを与えてホットさせてくれるなど、ウィンウィンの関係。

面倒見が良い戊土とソフトな雰囲気ながら冷静に現実に対応していく癸水さんは、お互いを引き立てあうことができる相性となります。

戊土はおおざっぱですから、感謝の気持ち、言葉かけを忘れずに細やかな配慮があれば、長続きします。、。

スポンサーリンク